XM

XMのスプレッドは広い?実際の広さや人気がある理由等を解説

XMのスプレッドは広いのに人気がある

現在利用できる海外FX業者は数多くありますが、その中でも特に人気のあるのがXMです。しかしこのXMは取引の際の手数料であるスプレッドが広いとも言われているのでこれから初めて海外FX業者を利用しようと考えてる人にとっては少し不安ですよね。

そこで今回はXMのスプレッドは他の業者と比べて本当に広いのか、また広いと言われているのにも関わらず何故高い人気があるのかその理由について詳しく解説していきます。

初めての海外FX業者としてXMを利用しようか迷っている方はぜひ今回ご紹介するスペックに関する情報も一つの判断材料としてチェックしてみてください。

XMのスプレッドは本当に広い?その他のFX業者と比較

それでははじめにXMのスプレッドは本当に広いのかをチェックするためにその他のFX業者とスプレッドの幅を比較してみましょう。

ちなみに今回比較するのはFX取引で最も人気のある通貨ペアの1つのドル円です。

ドル円の平均スプレッド・XMの口座別
  • XMマイクロ口座、スタンダード口座2pips
  • XM口座0.1pips

 

ドル円の平均スプレッド・国内FX業者
  • DMM.com証券 0.3pips
  • インヴァスト証券0.3pips
  • ヒロセ通商本0.3pips
  • みんなのFX0.4pips
  • 外為オンライン1pips
  • 外為どっとコム0.3pips
  • マネーパートナーズ0.5pips

 

ドル円の平均スプレッド・海外FX業者
  • FXCM1.2pips
  • AAAFx0.5pips
  • Forex.com1.6pips
  • OANDA1.6pips
  • AXIORY1.5pips
  • FXDD1.0pips
  • LAND FX0.8pips
  • ThinkForex1.0pips
  • GEMFOREX1.2pips

これらの数字を比較してもわかる通り、XMは国内FX業者はもちろんのこと海外FX業者と比べてスプレッドが若干広めであることがわかります。もちろんゼロ口座であれば、他の業者とほとんど変わらない数字になりますが、平均してみると、やはりXMはFX業者の中でもスプレッドは広めであるという結論は間違ってないと言えます。

キャッシュバックがあるので実質スプレッドはもう少し狭い

上記で解説した通り、XMはゼロ口座以外の口座他の業者と比べてスプレッドが広いのは事実です。しかし、実際に取引を行うとなれば話は変わります。というのもXMはキャッシュバックシステムとしてXMロイヤルティプログラムを用意しているからです。

このXMロイヤルティプログラムとはマイクロ口座とスタンダード口座のみ適用されるプログラムのことで、取引量とステータスに合わせて一定のポイントがたまるようになっています。

具体的な内容としてはまずXMにマイクロ口座もしくはスタンダード口座を開設してから以下のように日付が経つごとにステータスが上がっていきます。

  • 初回取引完了後→Executive
  • Executiveになってから30日後→Gold
  • Executiveになってから60日後→Diamond
  • Executiveになってから90日後→Elite

そしてそれぞれのステータスでは1lot取引をする事で以下のようなポイントがもらえます。

  • Executive→10XMP
  • Gold→13XMP
  • Diamond→16XMP
  • Elite→20XMP

そしてこのポイント単位であるXMPは10XMPあたり約350円(ドル円のレートにより数字は変動)ほどで、これはスプレッドに換算するとだいたい0.35pipsになります。つまりこのプログラムを利用すれば、取引をする事にキャッシュバックされているため実質的なスプレッドはだいたい0.3から0.6pipsほど狭くなります。それによってXMは特別スプレッドが広すぎるということにはならないというわけです。

とは言え、実際のトレードでは上記で紹介したスプレッドが適用されますのでその点については勘違いしないように注意してください。

スプレッドが広いXMが人気がある理由は?

ここまで解説したようにXMは国内FX業者と海外FX業者の中ではキャッシュバックのプログラムを考慮せずに比較してみると、スプレッドが広いのは事実です。しかしスプレッドが広いのにも関わらず、XMは海外FX業者の中ではもちろんのこと、国内のFX業者と比べても利用者が多く、人気が高いのも一つの事実なのです。

それでは何故XMは本来は狭い方が良いスプレッドの広いにも関わらず、なぜ人気があるのかというとスプレッドの広さというデメリットを上回るだけのメリットがあるからです。

そこでここからはXMの高い人気を支えていると考えられる主な6つのメリットについて一つずつ詳しく解説していきます。本当に広いスプレッドも加わるだけのメリットがあるのかどうか気になる方はぜひチェックしてみてください。

ボーナスが充実している

XMのスプレッドの広さを上回るメリットの1つ目は、ボーナスが充実しているということです。

先ほどもご紹介しましたが、XMでは口座によっては取引を行うごとにキャッシュバックされるプログラムが用意されています。そして実はそのプログラム以外にも様々なボーナスが用意されているのです。

例えば、XMで新しく口座を開設しただけで3000円、時期によっては5000円分の口座開設ボーナスがもらえます。もちろんこのボーナスだけでも取引することが可能なので初めてFXの取引を行うという方にはノーリスクで取引が試せるので非常に魅力的なボーナスだと言えるでしょう。

またXMでは入金ボーナスというものも用意されています。入金ボーナスとはその名前の通り、XMで保有している口座に新しく資金の入金するだけで一定の割合でボーナスがもらえるプログラムのことです。

具体的にどのくらいのボーナスがもらえるのかというと最初の5万円までは入金に対して100%のボーナスがもらえます。つまり5万円を入金すれば口座内には倍の10万円が反映されるということです。そして5万円以降の入金に対しては225万円になるまで入金に対して20%のボーナスがもらえるのです。

このボーナスの充実度は国内で利用できる業者の中でもトップレベルなので、できるだけお得にFXの取引をしたい方にはXMは利用する価値は十分にあると言えるでしょう。

ただし、これらのボーナスに関してはスプレッドが広いマイクロ口座とスタンダード口座のみ適応され、スプレッドが極端にゼロ口座の場合にはどのボーナスももらえませんのでボーナスが目的の人は開設する口座の種類を間違いないように注意してください。

取引できる通貨ペアや商品が豊富

XMのスプレッドの広さを上回るメリットの2つ目は、実際に取引できる通貨ペアや商品の種類が非常に多いことです。

現在利用できるFX業者の中には自分の理想とするようなスプレッドの狭さであっても自分が取引したい通貨ペアや商品が用意されていないということはよくあります。取引できる通貨ペアや商品の種類が少ないとトレードスタイルによっては取引できるチャンスが少なくなってしまって思ったよりも早く資金を増やすことができなくなったりしてしまいます。

一方でXMではメジャー通貨やマイナー通貨はもちろんのこと、エキゾチック通貨等も用意されていて、合計で55種類の通貨ペアで取引を行うことができるようになっています。それに加えてコモディティや株式指数、貴金属、エネルギーなどでも取引が出来るようになっていますので、よほど珍しいものを目的としていない限りXMで取引したい通貨ペアなどが見つからないという事態に陥る可能性は極めて低いと言えるでしょう。

ただし、ゼロ口座の場合にはコモディティやエネルギー等は取引できないので注意してください。

約定スピードが早い

XMのスプレッドの広さを上回るメリットの3つ目は、約定スピードが速いことにあります。

日足や4時間足などでエントリー等を他の人にとってはあまり関係ありませんが、日本で特に人気がある1分や5分等でエントリーを行うスタイルの場合には約定スピードというのは非常に重要な要素と言えます。なぜなら1分足等で約定が数秒間遅れてしまうとそれだけで不利な位置でのエントリーや決済となり、場合によってはそれが原因で大きな損失を生んでしまう可能性があるからです。

しかし、XMならこの約定スピードは心配ないと言えます。というのもXMでは99%以上のエントリーや決済を1秒以内に必ず約定させるルールを作っているからです。これはデイトレーダやスキャルパーの人にとっては大きなメリットとなるでしょう。

ゼロカットシステムがある

XMのスプレッドの広さを上回るメリットの4つ目は、ゼロカットシステムがあることです。

通常、日本国内のFX業者では追証と呼ばれるルールがあります。追証とは口座内に用意している資金以上の損失が出た場合に追加で入金をして補填しなければいけないルールのことです。例えば100万円を口座に入れていて、150万円の損失が出てしまった場合には不足分の50万円を入金しなければいけないのです。

もちろん、通常の値動きであれば、追証にならないように損切りを入れておくだけで対処できます。しかし、その場ではスイスフランショック等の常識では考えられないような値動きが一瞬で起こることもあります。そしてそのような場合には、例え損切りを置いていたとしてもその注文が通らずに予想外の損失を出してしまう事も十分にありえるのです。

ところがXMではそのような追証の心配は不要です。なぜならそれほどご紹介したゼロカットシステムというものがあるからです。このゼロカットシステムとは何らかの理由で口座内の資金以上の損失額が出てしまった時には自動的に残高を0に戻してくれるシステムのことです。このシステムがあることで例えスイスフランショックなどの事件が起きたとしても追証が発生することなく、最悪口座の資金がなくなるだけで済みます。

これは安全に取引を行いたいというほとんど全ての方にとって非常に大きな魅力となるでしょう。

日本語でのサポート体制

XMのスプレッドの広さを上回るメリット5つ目は、日本語でのサポート体制が充実していることです。

ご存知の通り、日本にいても利用できる海外FX業者というのはXM以外にも数多くあります。しかし、その中には理想的なスプレッドの広さ等の魅力があったとしても日本語でのサポートが無く、すべて英語でやり取りを行う必要がある業者もあるのです。

一方でXMでは日本語のサポートスタッフが在籍しています。そのため英語ができない方でも何かしらのトラブルが起きても日本のFX業者と同じように日本語でしっかりとサポートしてもらえるのです。しかも、XMでは平日の9時から17時であればライブチャットで、直接チャットでやり取りしながらサポートしてもらえますし、メールでも基本的には1営業日以内に返信が来るほど対応も早いのです。

このように日本語でのサポート体制が非常に充実しているというのもXMならではのメリットの1つとしてあります。

レバレッジが高い

XMのスプレッドの広さを上回るメリット6つ目は、かけられるレバレッジが高いことになります。

日本のFX業者を利用している方はご存知の通り、現在日本では最大で25倍までのレバレッジしか活用できません。それだけでなく、今後は10倍にまで下げられるとも言われています。ここまでレバレッジが低いと少ない資金では取引できる量が極端に少なくなり、資金を増やすことが非常に困難になるのです。

しかし、XMでは最大で888倍のレバレッジをかけて取引を行うことができます。またゼロ口座であっても最大で500倍までレバレッジをかけることができるのです。そのため少ない資金しかないトレーダーでも十分な取引量を扱うことができたり、すぐにロスカットになることもなくなるのです。通常FXの取引を始める人のほとんどは小資金でスタートすることが多いのでそういった方にとっては、この高レバレッジを活用できるXMは非常にも行っている業者と言えるでしょう。

ただし、XMでは口座内の資金量が増えるとレバレッジが100倍から200倍に制限されてしまいますので今後の為覚えておくと良いでしょう。

多少スプレッドは広くても海外FX業者の中ではXMはおすすめ

今回解説してきたようにXMはFX業者の中でもスプレッドは比較的広めの業者です。しかし、その欠点を補って余りあるほどの多くのメリットがあるので、これから海外FX業者を利用しようとしている人には特におすすめできます。

すでに解説した通りXMでは無料で口座開設をするだけで3000から5000円のボーナスが貰えて、それだけで取れる行うこともできますので気になる方はぜひ一度口座開設だけでもしてみてください。