GEMFOREX

GEMのレバレッジ1000倍は危険?活用のポイント等を解説

GEMは海外FX業者の中でも特に高いレバレッジが強み

GEMFROEX(通称GEM)は今日本で特に勢いのある海外FX業者の1つです。

そしてこのGEMの業者としての強みというのが最大1000倍というハイレバレッジを活用できることにあります。

ただ、レバレッジが最大で25倍となっている日本ではよくハイレバレッジの取引は危険だと言われているので、中にはこのハイレバレッジが使えるGEMを利用しようか悩んでいるという人もいるでしょう。

しかし、実際はGEMのレバレッジ1000倍というのは危険ではなく、むしろ安全に取引を行うために活用できるシステムがでもあるのです。そこで今回はなぜ1000倍が危険ではないといるのか、その理由や1000倍のレバレッジを活用したい人が知っておきたいルールなどについて解説していきます。

またレバレッジ1000倍を正しく活用するコツなどもご紹介しますので興味があれば併せてチェックしてみてください。

GEMのレバレッジ1000倍が危険というのは正しくないと言える理由

それでははじめにGEMのレバレッジ1000倍が危険だと言われている話が正しくない理由について解説してきます。

正しいリスク管理をしていれば、ロスカットになりにくくなるから

GEMのレバレッジ1000倍が危険ではないといえる1つ目の理由は、正しい管理をしていれば通常のレバレッジよりもロスカットになりにくいからです。

初めてFX取引を行おうと考えている方は知らないと思いますが、ロスカットとはある取引中に損失が大きくなり証拠金維持率が一定の割合を割り込んだ時に強制的にその取引が決済されてしまうシステムのことを指します。そしてこのロスカットが執行される割合というのは業者によって変わりますが、基本的には20%前後に設定されています。

そしてレバレッジというのは低ければ低いほど取引を行うために必要な証拠金は増えます。つまり証拠金維持率もレバレッジが低いと低めになってしまうので、少しでも損が出ればすぐにロスカットに合ってしまいます。つまり現在の日本の国内FX業者のように25倍程度のレバレッジだけでは、大量の資金がない限りはすぐにロスカットになる可能性が高いということでもあるのです。

一方でGEMのようにレバレッジ1000倍だと取引に必要な証拠金はかなり減るため、証拠金維持率も常に高い状態で維持できるようになります。つまりハイレバレッジで無理な取引さえしなければ、証拠金維持率を高くしてロスカットに遭う確率を低くすることが可能となるのです。

これは海外FX業者のGEMならではのメリットでもあると言えます。

ゼロカットシステムがあるので万が一の時でも安心だから

上記の通り、無茶な取引を行わずに通常通りの取引であれば、レバレッジは高ければ高いほどロスカットに遭いづらくなり、安心して取引が行えるようになります。しかし、それでも人によっては多少無理をして取引をしてしまうこともあるでしょう。でもそんな時でもGEMなら危険とも言えないのです。

なぜならGEMには国内FX業者にはないゼロカットシステムを採用しているからです。

通常国内FX業者では無理をしてレバレッジをかけて取引をした時に災害などの予想できていなかったことが起き、一瞬にして想定以上の値動きが起きたとします。もちろん、予想の方向に動けば大きな利益になりますが、反対の方向に動けば口座に入っている資金以上の損が生まれてしまうこともあり得ます。そして国内FX業者ではそのような時に追証といって取引の損で不足した分を追加で入金して補填しなければいけないルールとなっているのです。つまり国内FX業者では無理な取引を行うと万が一の時に本来手につけるはずでなかったお金まで使ってしまう羽目になってしまう可能性があるわけです。

ところがGEMではゼロカットシステムといって口座の資金以上の損失が生まれてしまった時にはGEM側がその損失分をゼロにして帳消ししてくれるのです。

このようにGEMのレバレッジ1000倍というのは万が一の時でも口座の中にある額以上のお金を失うことがないため特に危険であるとは言えないのですね。

その他にもレバレッジ1000倍には多くのメリットがある

ここまで解説したような理由があるためGEMのレバレッジ1000倍は危なくないと言えますが、実はこれ以外にもGEMのハイレバレッジには様々なメリットがあるのです。

例えば、投資を始めたばかりで、資金が少なくてもある程度の取引量を持つことができてそれによって大きな利益も十分に狙える可能性があるということが代表的なメリットとしてあります。

またGEMではスキャルピングも許可されているのですが、レバレッジ1000倍を活用すれば、取れる値幅が狭いスキャルピングのスタイルでも十分にやっていけるというメリットもあります。

さらには証拠金維持率が高く維持できるということで精神的に安定した状態でトレードできるようになるという利点もあります。

このように一般的には危険と言われているレバレッジ1000倍というのはよく考えると多くのメリットがある仕組みだと言えるのですね。

GEMのレバレッジ1000倍にはデメリットもあるので注意

ここまで解説したようにGEMのレバレッジ1000倍は正しく活用すれば、それなりに多くのメリットが得られます。とはいってもデメリットがあるというのも事実なので注意が必要です。

例えば、少しでも無理な取引量でトレードをしてしまうと通常のレバレッジよりも少しの値動きで損切りになってしまったり、速いスピードで資金が減ってしまうといったデメリットがあります。

ですので、GEMのレバレッジ1000倍の活用したいのであれば、正しい活用の方法を知り、それを守るように心がけるようにしましょう。そうすれば、上記のようなデメリットを防ぐことができるはずです。

GEMのレバレッジ1000倍を使いたい人が知っておきたいルール

それではここからはGEMのレバレッジ1000倍を実際に使いたいという方が事前にしておきたい2つのルールについてご紹介します。このルールを知らないとレバレッジ1000倍を使えないことにもなりかねませんのでしっかりと目を通しておきましょう。

GEMは資金量でレバレッジに規制が入る

GEMのレバレッジ1000倍を使う前に知っておきたい1つ目のルールは、資金量によってレバレッジの規制が入るということです。

というのも実はGEMでは口座の資金が200万円までは誰でも1000倍のレバレッジをかけることができますが、200万円を超えると500倍まで制限されてしまうのです。

もちろんこれから初めて投資を行うという方がいきなり200万円以上の資金を投入することはほとんどありませんので通常は気にする必要はありません。しかし、投資に成功して資金が増えるとこのレバレッジの制限はGEM以外のFX業者でも行われますので今後のために覚えておくことをおすすめします。

GEMのCFD取引ではそもそも200倍のレバレッジが限度である

GEMのレバレッジ1000倍を使う前に知っておきたい2つ目のルールは、CFD取引では最初からレバレッジ制限があることです。

CFD取引とは日経平均株価やNASDAQなどのニュースでよく耳にする株価指数などの価格を基に行われる取引のことです。GEMではFX以外にも、このCFDでも取引ができるのが1つの特徴なのですが、CFDの場合は資金量に関係なく最初からレバレッジが66、100、200倍のいずれかに制限されています。

もちろん66倍でも国内のFX業者よりははるかに高いレバレッジですが、CFDをメインでハイレバレッジの取引をしたいという方は事前に十分な取引したい銘柄のレバレッジがどの程度のものなのか確認しておくと良いでしょう。

GEMのレバレッジ1000倍を正しく活用するためのコツ

それでは最後にGEMのレバレッジ1000倍を正しく活用するためのコツについて、いくつかご紹介します。レバレッジ1000倍の間違った使い方で損をしたくないという方はぜひチェックして実際に活用してみてもらいたいと思います。

資金の管理は1000倍のレバレッジを前提とせずに計算する

GEMのレバレッジ1000倍を正しく活用するための1つ目のコツは、1000倍を前提としないで資金の計算をするということです。

実は特に初めてFXで取引を行う人に多いのですが、レバレッジ1000倍を活用すると自分の思っていた以上の取引量を持つことができるため、早く大きな利益を得ようと1000倍だからこそ持てるような大きな取引量でトレードを行う人がいます。しかし、ハイレバレッジでの取引ではそれはできるだけ避けなければいけません。なぜなら先ほどもご紹介したと通り、1000倍のレバレッジだからこそ待てるような無理のある取引量を持つとわずかな逆行で損切り、もしくはロスカットになり、口座内の資金のほとんどを失う可能性があるからです。

もちろん時にはうまくいくこともあるでしょう。しかし、無理のある取引量での取引は投資ではなくギャンブルに近いものなので、よほどの才能がない限りは近い将来、ほとんど間違いなく失敗に終わってしまいます。

それを避けるためにはやはりレバレッジ1000倍というものがあると考えず、一般的なレバレッジで持てるような無理のない取引量でトレードするのが1番の対策法なのです。また一般的なレバレッジで計算をしておけば、ロスカットになりにくいというハイレバレッジならではメリットも間違いなく得ることができます。

そのためGEMのレバレッジ1000倍を活用したトレードを行う時には、絶対に無理をせずに国内FX業者でのレバレッジを前提としたような通常通りの取引量でトレードを行うように意識してみてくださいね。

複数の場所で取引をしてリスクを分散する

GEMのレバレッジ1000倍を正しく活用するための2つ目のコツは、取引の場所を分散しておくということです。

ハイレバレッジを活用したFX取引では1つの通貨ペアでだけポジションを持っていると先ほどもご紹介したような災害などの異常時には例え無理のない取引量であっても思っていた以上の損を抱えてしまう可能性があります。

そこでおすすめしたいのが、リスク分散です。ご存知の通りFX取引ではドル円だけでなく、ユーロドルやポンドドルなど何十種類もの通貨ペアがあります。そして初心者の方はわからないと思いますが、それぞれの通貨ペアには相関係数というものがあります。これはAという通貨ペアが上がった時には、Bという通貨ペアが下がりやすいといった関係性を表す数字のことです。そしてこれを活用していくつかの通貨ペアでポジションを分けて持っておけば、万が一、短期間で大きく値が動いてしまって1つの通貨ペアで大きな損が出ていても他の通貨ペアで利益が出ていて、損失をカバーできるのです。

もちろん、この相関関数を使ったリスクの分散は簡単な事ではありませんが、大事な資金を失わないためには非常に有効なので余力がある方はぜひ一度この方法についても学習し実践してみてもらいたいと思います。

GEMのレバレッジ1000倍に近い888倍のレバレッジが使えるXMもおすすめ

今回ここまで解説してきたようにGEMのレバレッジ1000倍は正しく活用すれば、危険なことなくむしろ安全に取引をするために役に立つ仕組みでもあります。ですので、これからGEMを利用しようと考えている方はぜひ今回ご紹介した情報を活用して安全な取引を行うようにしてみてもらいたいと思います。

ちなみに日本から利用できる海外FX業者にはGEM以外にもハイレバレッジが使えるおすすめの業者があります。それは日本で最も人気のある業者の1つであるXMです。

このXMではGEMの1000倍とは行かないもののそれに近い888倍のレバレッジを活用することができます。それに加えてボーナスの内容も充実しており、日本語でのサポート体制のレベルも高いので初めて海外FX業者を使う人には非常におすすめなのです。

ですので、もし現在ハイレバレッジが活用できるGEMが気になっているのであれば、それと合わせてXMも一度はチェックしてみてもらいたいと思います。