FX

【解説】国内業者の口座開設はデメリットが大きい?海外業者と比較!

FXをはじめようと考えている人にとって、まず立ちはだかるのはFX業者選びです。このFX業者は大きく「国内業者」「海外業者」の2つに分けられますが、FXビギナーの口座開設においてこれは非常に悩ましい選択肢であるといえるでしょう。

一般に、FX上級者には海外業者を利用する人が多いといわれていますが、これは「国内業者の大きなデメリット」が深く関係しているようです。

そこで今回は、口座開設するにあたって「国内」と「海外」で迷っているという方のために、『国内業者で口座開設するデメリット』について解説します。ぜひとも本記事を口座開設の参考にしてください。

「国内業者」と「海外業者」の違いとは?

FXビギナーが口座開設するにあたって、「国内業者」と「海外業者」の違いはぜひとも知りたいところでしょう。ここで、それぞれの代表的な違いをみていきましょう。

【比較】レバレッジ

国内業者

最大25倍 (国内業者一律)

海外業者

  • iForex (アイフォレックス) 最大 400倍
  • LAND – FX (ランドFX) 最大 500倍
  • Titan FX (タイタンFX) 最大 500倍
  • <a href=”https://www.xmtrading.com/jp/” target=”_blank”>XM (エックスエム) </a> 最大 888倍

海外業者は金融庁の管轄外なので、これまで国内で行われたレバレッジ規制の影響を受けずにきました。現在も尚、多くの海外業者が高いレバレッジを提供しています。

【比較】スプレッド

国内業者 原則固定スプレッドが多い

スプレッドが原則的に固定されているが、経済指標発表前や要人発言などで為替相場変動が激しいときに変動する。

⇨DD方式が多い

DD方式 (ディーリングデスク方式)
スプレッドを極端に狭くすることができる。

海外業者 変動スプレッドが多い

スプレッドが常に変動する。早朝など、市場の流動性が低くなる時間帯に大きく開く。

⇨NDD方式が多い

NDD方式 (ノーディーリングデスク方式)

海外業者のスタンダード。スプレッドの狭さはDD方式には及ばないが、この方式を採用するとユーザーは自由度の高いトレードをすることができる。

国内業者を利用するデメリット

「国内業者の口座開設にはデメリットが大きい」

それでは、FXトレーダーの間で多く囁かれるこの声の真相に迫っていきましょう。

最大レバレッジが低い&必要な最低資金が大きい

これは国内業者を利用するデメリットとして非常に大きなものです。先述の通り、国内業者の最大レバレッジは最大25倍です。ところが近年、この「25倍」すらも危うくなってきました。

2017年9月 金融庁によって「国内FXのレバレッジを現行の最大25倍から10倍へ引き下げることを検討」というアナウンスがされました。このとき多くの投資家や国内FX会社の社長たちが猛反発し、これを受けて金融庁は一旦この案を見送る判断を下しました。

国内業者は「レバレッジ規制」により、以下のようにこれまで何度か最大レバレッジを引き下げられてきました。

2010年8月 最大50倍へ

2011年8月 最大25倍へ (現行)

2017年9月 最大10倍 (見送り)

このように、国内業者はその最大レバレッジの低さが大きなデメリットです。そして国内業者のような低いレバレッジ (最大25倍) は、さらなるデメリットを招いてしまいます。それは、

取引するために必要な最低資金が大きくなる

ということです。

例えば「1ドル = 100円」の場合、最小ロット (1枚) を取引するための必要な資金はいくらになるのでしょうか。

ここでは国内業者 (最大レバレッジ25倍) と海外業者のXM (最大レバレッジ888倍) を比較しながら解説していきます。

※レバレッジは最大倍数かけてしまうと、ポジションを有した瞬間に証拠金維持率が割れてすぐにロスカットになってしまいます。そのため、現実的に考えてレバレッジをそれぞれ25%*残した前提で比較します。

※ (実効レバレッジ = 国内業者:20倍, XM:710倍)

取引するために必要な最低資金 (1ドル = 100円とする)

国内業者 

最小ロット

・10,000通貨単位  ⇒ 100円 × 10,000 (通貨) ÷ 20 (レバレッジ20倍) = 50,000円

・1,000通貨単位 ⇒ 100円 × 1,000 (通貨) ÷ 20 (レバレッジ20倍) = 5,000円

XM (レバレッジ888倍)

最小ロット

・10,000通貨単位  ⇒ 100円 × 10,000 (通貨) ÷ 710 (レバレッジ710倍) = 1,408円

・1,000通貨単位 ⇒ 100円 × 1,000 (通貨) ÷ 710 (レバレッジ710倍) = 141円

このように、海外業者 (XM)と比べるとその違いは歴然です。国内業者の必要最低資金の大きさは、FXビギナーにとって非常に大きなデメリットであることは間違いありません。

追証 (追証) がある

国内業者を利用する上でいちばん恐いのが「追証 (おいしょう) 」です。追証とは為替レートが急激に変動したことによってロスカットが機能せず、口座内の証拠金がマイナスになったときこれを補填することです。

海外業者では「ゼロカットシステム」を採用しているため追証がありませんが、国内業者では追証が発生する可能性があります。

【結論】FXデビューするなら海外業者のXM

驚きの最大レバレッジ「888倍」XM (エックスエム)。これにより少ない資金からでも気軽にFXをはじめることができます。しかも「追証なし」なので、リスクのない取引をすることが可能です。さらに”業界最狭” スプレッドがゼロの 「ZERO (ゼロ) アカウント」が新登場!(2019年12月現在)

XMはFXビギナーでも安心できる信頼のFXブローカーです。[英国金融行為監督機構 (FCA)・セーシェル金融庁 (SC:FSA) 認定]